ねこな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 2年が過ぎて

<<   作成日時 : 2007/10/19 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

ビビちゃんの三周忌。
画像


あの日からもう2年が過ぎた。
しばらくの間はは殆ど泣いて過ごした、何をみてもビビちゃんの姿が
目に浮かぶ。
何も考えずとも突然涙がでてくる、いい年をして何をやってるんだろう
こんな姿誰にも見せられない。
偏ったプライドがかろうじて泣くのは一人の時だけに止めた。

今でも悔やむことばかり、あの時ああすれば、こうすれば
別の形が有ったかも知れないと。
いずれはあちらの世界で会えるのかも知れないけれど
その前にビビちゃん早く生まれかわっておいで、待ってるんだから。
もう次のステップに移っているんだろうね。

初めての経験はとても辛かった。
悲しいときは我慢せずに泣けば良い。
頑張ろうなどと思わなくてもいいじゃないか
気の済むまで泣いてゆっくり立ち上がればいい。
それぞれの方法があるのだから。

毎朝お水と好きだったカリカリを供える。
画像

自己満足だね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
そう・自己満足だっていいんだよ。
だってビビちゃんは、ふぁんじにさんと暮らした楽しい生活の思い出を持って虹の橋に旅立ったんだもん。
形こそないだけで、今でもず〜っとふぁんじにさんと一緒に心の中に生き続けているんだよ。みんなを守りながら・・・・
mio
2007/10/20 06:53
もう3年になるのですね、あの日から。
今頃しんちゃんと一緒に、お母さんとお父さんのお話をしていますよ。
愛で溢れていますもの。

私も自己満足で良いのだと思います。
自己満足=愛です。

>あの時ああすれば、こうすれば別の形が有ったかも知れないと。

私も時折口に出して言ってしまいます。
そんな時、彼が「思い出してもらえる子はとても幸せだよ、それすらない子も沢山いるんじゃないか?」と言われ、また前を向けています。

猫達が大切なことを沢山教えてくれました。
大ママ
URL
2007/10/20 23:58
ああしてれば、こうしてれば...私も後悔で一杯です。

でも、保護できて、共に暮らせた幸せを有り難いと、思っています。
一緒に過ごせて良かった..

ビビちゃんもきっと、そう思ってますよ。
いつか、みんなで会えたら嬉しいですね。

うちは、一番に逝った子は、もうすぐ8年になります。
思い出すと..今でもメソメソしちゃいますが、保護出来た事だけは誇れます。
あれい
2007/10/21 05:52
 もう二年にもなるんですね。我が子として来て、そして帰って行った、のでしょうが、飼い主のほうとしては、色々色々、本当に考えてしまって、つい考えすぎて、思い出しては泣いてしまうのは、私もそうでした。
 彼らはどう思っているのかわからないのに、いつまでも追いすぎて、人といるときは我慢してても、一人になると泣いてしまい、早く一人になりたい、と思ったものでした。
 でも、こんなに愛らしい姿を思い出の中に残してくれたんだもの、ビビちゃんは、きっとまたふぁんじにさん子供で良かった、と思ってると思います。思い出せば、涙かも知れないけど、出会えたのは最大のラッキーだったんですよね。
マーガレット
2007/10/21 12:21
自己満足、良いと思います
何年経っても、寂しいものは寂しく、
悲しいときは悲しく感じるのだと思います
悔やむこと、私もありますが、
いつまでもその子を忘れずにいて
今居る子をこれでもかってぐらい
大切にするしかないんだろうなぁと思いつつ
それでも、めそめそぐずぐずしちゃうんですけども
あさこた
2007/10/21 20:33
☆mioさん
そうだよね、自己満足だとは思うけど
ビビちゃんとは楽しく暮らせたし思いでも沢山ある。
忘れることはないからそれでいいんだろうね。
ふぁんじに
2007/10/22 00:13
☆大ママさん
早いものですね。
今頃二人で「全くドジなんだから〜」なんて言ってるかも知れません。

人知れず消えていく子の方が圧倒的に
多いはずだからこうして思い出して
話が出来る子は幸せですよね。
忘れないと言うことは自分も楽しく過ごせたと言うことですからね。

「彼」の言葉優しさに溢れてますね(^_-)
ふぁんじに
2007/10/22 00:24
☆あれいさん
初めてビビアンを見たときの事は
今でも忘れません。
転がるように走り寄ってきた姿を。
悩んだけれど連れてきて良かったと
心から思ってます。
悔いは残るけれど一緒に暮らす事が
できて良かったです、その日々は宝物ですから。

何年過ぎても想う気持ちには変わりありませんね、メソメソしてもいいじゃないかと思ってます。
ふぁんじに
2007/10/22 00:30
☆マーガレットさん
誰もが沢山の思いでを持って
涙したり懐かしく思ったりして
過ごしてるんでしょうね。
一緒に暮らしていたからこその
想い出です。
そして飼い主にとって必要だから
我が子になったのですよね。

ビビちゃんは楽しいことが大好きで
お茶目な子でした。
きっと悲しんでる事は望んでいないと
思います。

>出会えたのは最大のラッキーだったんですよね。
はい、そうですね本当にラッキーでした。楽しかったです。

ふぁんじに
2007/10/22 00:42
☆あさこたさん
出来なかったことはしょうがないよと
割り切ることはしたくないのでいつまでも悔やんでしまいます。
忘れることは出来ないので同じ過ちは
したくないと思います。
それにはやはりあさこたさんのように
今一緒に生きてる子達を精一杯見ていくことが大事と思います。

時にはメソメソ、落ち込んだりもしますけどそんな生き方しか出来ないかな。
ふぁんじに
2007/10/22 00:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2年が過ぎて ねこな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる