ねこな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS アメショのスズキさん

<<   作成日時 : 2007/10/04 23:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

バタバタバタ!と音がした。
「アッ来たー」と飛び起きて急ぎ階段を降りる。
時計を見ると5時50分。
今日は少し早起きだ。

前回はいつだったか忘れるほど前だったきがするが
日曜の夜姉と電話をしていたときマリリンが唸りながら走り出した
おそらく軽い発作だったのだろう。
これくらいの発作は時々起きているのだと思う、投薬はしていても
全く発作が起きないわけではないのだから上手く付き合って行くことが必要になる。
今のところはまぁまぁバランス良く付き合っているのだと思う。

ベッドがちょびっと汚れたので洗濯して乾くまで代わりのベッドに入っていたけれど
マイベッドが戻ってきたら即入りました。
画像


1年前飼育放棄されたアメショの「スズキさん」。
白血病キャリアで発症していた様子、この1年色々な病気との闘いだったけど
保護して大切にケアしてもらってそれまでの年月よりも短いけれど中身の濃い
日々を過ごした。
飼育放棄には色々な形があるけどどんな理由をつけたって責任放棄した事には
変わりない。
辛い思いをしたはずの「スズキさん」だけどニンゲンが大好きでいつも後をついて
まわったと聞いた。
どれだけ長く生きたかじゃなくどれだけ充実していたかだと少し解るようになってきた。
スズキさん、良く頑張りました。
ももたろうくんのお母さんありがとうございます。
ワタシが言うことではないけれど、それでもありがとう。

「スズキさん」しんたに会えたらよろしくね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
マリリンちゃんも、ふぁんじにさんのところに運命的に来てもう5年過ぎたんだね。とっても幸せな毎日だよね〜
病気を抱えてても、ふぁんじにさんご夫婦に支えられているから安心して甘えられるんだもんね。mioも同じだよ。発作を薬でごまかしながら今も上手く病気と付き合って明るくをモットーにしているんだ。だから、マリリンちゃんの気持ちが良くわかるよ。やっぱり、薬より、家族の愛が一番の薬なんだよね。

スズキさんは、写真がなかったのでお顔は拝見できなかったけど、今は虹の橋にいるのね☆
飼育放棄って、言う言葉を聞くと、どうしても今は「赤ちゃんポスト」思い出しちゃう。悲しいよね。動物だって人間だって命あるものには変わりない。そんな事する人は自分がいつか同じ思いをすると思う。人生の中で・・・・
私からも、ももたろうくんのお母さんにお礼いいたいです。スズキさんはももたろうくんのお母さんのおかげで、楽しかった経験を持って天国に行けたのだけら、幸せなニャンコに違いない!
mio
2007/10/05 11:17
時々お邪魔しています。

うちの仔はライトと言います。
1日中、2時間おきぐらいに発作がでたりします。
とっても大きな発作です。
そんな事とかありましたか?

ライトはあちこちにぶつかり、爪が血だらけになります・・・。
koni
2007/10/05 20:22
☆mioさん
マリリンは最近甘えるようになりました。一人がいいから放っておいてよ
みたいなところがあったのだけれど
少し変わってきたようです。
感情表現がヘタなのかも知れないです。
一緒に暮らすと言うことは重みがありますね、発作のこともすべてひっくるめて
愛しいと思います。
そんな気持ちにさせてくれる動物って
ホント素晴らしいと思います。

ワタシも幼少時から薬が手放せなかった
一人です、今は必要ないけれどね。
おかげで薬を飲むのはとっても上手。
錠剤なんて水いらずよ(これはいけないからよい子は真似しないでね)。
最低限必要な投薬はあると思うので
それを悲しむのではなく楽しんで行くことも必要だよね。

スズキさんのことありがとう。
ワタシも幸せだったと思います。
短くても充実した日々だったと思うわ。
「赤ちゃんポスト」複雑ですね。
色々な事情・・・と一括りにできないと
思うけど。
ふぁんじに
2007/10/06 01:02
☆koniさん
ご無沙汰いたしました。
最近集会場に顔出してなかったので
ライトくんがそんな状態だなんて
知らなくて・・・

マリリンも走り出したらとまらず
ツメが抜けてしまい血だらけになったことが何度もありました。
発作の回数はそんなに頻繁ではなかったです。
思うのですが別の病院を探しても良いのではないかしら。
てんかんの発作はそれぞれ違うので
数多くの症例を見ている獣医師に
診てもらうのが良いと思います。

素人考えですけど薬がチョット違うのかなぁ・・・
後でメッセージ送りますね。
ふぁんじに
2007/10/06 01:10
スズキさんのこと、書いてくださり、ありがとうございました。
この夏あたりから、スズキさんがあちこちでおしっこや下痢うんちをして、それを拭いて歩くのが日課でした。
スズキさんがいなくなり、そのことが一番の思い出で、懐かしく、どんなに布団や床におしっこをしても、生きていて欲しかった。
「飼育放棄」された一番の原因はこの不適切な排泄でした。でも、私にとっては
そのお世話が好きでした。下痢もフードの工夫や薬で何とか止まってました。
スズキさんにつきっきりだった日々は、
私はとても幸せでした。
ももたろうくん、その間、お父さんがお世話とお相手をしてたけど、淋しい思いをさせてごめんね。
でも、ももたろうくんはとても健康でお母さんはとても嬉しいです。
マリリンちゃん、お大事になさって下さい。お母さんに大切にしてもらい、幸せですね。
しんちゃん、虹の橋の向こうでスズキさんと仲良くしてあげて下さい。
ももたろうの母
2007/10/07 00:53
☆ももたろうの母さん
この1年というものはスズキさんにとってそれまでにはない至福の時ではなかったかと思います。
病気との闘いではあったけれど一緒に闘ってくれる家族を得たことこれは闘うためのエネルギーになったはずです。
排泄が上手に出来ないと言った事で手放す(と言うよりも遺棄に近かったですよね)なんて理解できないけれどそう言った飼い主は数多くいるのだと思います。
その排泄のケアが好きだと言えるももたろうの母さんと暮らせてスズキさんは幸せだった事でしょう。

ももたろうくんは賢い子ですから全て
理解してると思います。
そしてお母さん頑張ったねと言ってくれるはずです。
本当にお疲れさまでした、スズキさん良く頑張りました。
悲しいときは我慢せず気持ちに正直で
あればよいと思います。

スズキさん、しんちゃんはいいヤツだから仲良くしてあげてね。
ふぁんじに
2007/10/08 00:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アメショのスズキさん ねこな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる