ねこな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 寝子と読書

<<   作成日時 : 2007/07/15 17:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

どうやら台風の上陸は回避できた模様。
雨もさほど降らず風もまぁまぁ静かだ。
猫達は朝から起きてこない、こんな日は黙って寝るに限ると決め込んだのか。
それでもカリカリは減ってるし、シッコ玉も所定の場所に幾つかある。

食べて、寝て、でるモノは拒まず、雨風にさらされることもない。
同じ猫でありながら外にいる猫との差を思い気が重くなる。

画像

く、苦しくないかい仙之助。


雨が静かになった時を見計らって買い物に出かけた。
遅い昼食をとってからニンゲンはこの時とばかりに読みたかった本を
読みはじめた。

松村比呂美さんの書き下ろし。
ふたつの名前と「幸せのかたち
デビュー作「女たちの殺意」を読んで以来新作を心待ちにしていたので
一気に読み終えた。
次回作も楽しみにしております。早く、早くね。


画像

ボクも寝ないで読んだんだよ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
みんな、かつては色々な苦労をして、今幸せになっているのですよね。今も外で暮らす子達は気の毒だけれど、みんなはふぁんじにさんに出会えて本当に幸せですね。

私の実家の猫達もみんな拾われた子ばかりなので、今日の雨を思い、猫達みんなに「外にいなくて良かったね。」と声を掛けてしまいました。
mito_and_tanu
URL
2007/07/15 23:17
私も、台風の日や雷の日は、家の猫と外の猫の差を思ってしまいます。見向きもされない外の猫だって、縁を持ち飼われたならば、必ず、かけがえのない愛しい子となるのは分っているから、余計、辛い気がします。が、どこまで、どう関わってやれるか、と思うと、たかが知れたことしか出来ないだろう、と、これから先、様々なジレンマと戦うことになると思っています。

 松村比呂美さんの本を紹介してくださりありがとうございます。すべて手にして頂けて、本当にありがとうございます。同年の人の活躍は頼もしいです。
マーガレット
2007/07/16 08:41
マーガレットさんのブログを経由してお邪魔しています。
みんな、とても幸せそうですね♪
今回のように台風や地震などの天災が続くと、
家の子のことも、外の子のことも心配になりますね。

拙作を、全部、読んでくださったのですか。
ありがとうございます。(^.^)
年一冊上梓を目標にコツコツ書いています。
これからも、よろしくお願いします。
まろん
URL
2007/07/16 12:33
☆mito_and_tanuさん
こんにちは。
外の子と家の中にいる子ってほんの
少しタイミングがずれてただけかも知れません。
それなのにあまりにも大きな差があります。

雨の日や寒い冬、暑い夏のヤブ蚊など
それに耐えてるかと思うとどうにも
やるせない気持ちでいっぱいになります。

mito_and_tanuさんのご実家猫さんも
保護され大事にしてもらって幸せですね。
ふぁんじに
2007/07/16 17:28
☆マーガレットさん
もう少し自分に出来ることはないのかと
いつも思ってます。
猫と暮らすまでは考えも及ばなかった
様々な事を知るにつけ無力だと思います。
たいしたこと出来ないやって思います。
ジレンマ、よくわかります。
何故野良猫と呼ばれる猫達がいるのかを
きちんと知らなければいけないと思う。

松村さんの作品はマーガレットさんの
ブログで情報得て急ぎ購入したんですが
色々忙しく今頃になってしまったの(^^;)
同年代の方が輝いてるのを見るのは
誇らしいですね。
ふぁんじに
2007/07/16 17:38
☆まろんさん
わざわざお越しいただきありがとうございます。
「女たちの殺意」からのファンでございます。
なるほど、うんうんと拝読させていただいてます。
次回作も指折り数えてお待ち致します。

今日は地震がありました。
災害時の動物の行き先がいつも心配になります。我が身に置き換えて見てどうすべきか
考えさせられますね。
ふぁんじに
2007/07/16 17:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
寝子と読書 ねこな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる