ねこな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 空へ

<<   作成日時 : 2007/07/01 15:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

今にも降り出しそうな天気だったけれど龍太郎を乗せて目的地に
着いた頃は少し晴れ間が見えた。
手続きをしてくれたのはしんたの時と同じ人。
待合室で待っててくれと言われたけれど
今までもそうしてきたことだから時間が来るまで車の中で待つことにした。

空を見ながら龍太郎には別の名前が有ったのだろう、彼にかかわっていた人は
今頃何を思っているのだろうか、その内帰ってくると気にもとめていないのだろうか
それとも何日も帰らぬ猫を心配して泣いているんだろうか等々様々な思いが巡る。

出入り自由にしている猫が帰って来なくなったときは、よその家で飼われているなどと
思ってほしくない。
昔と今では交通事情もかなり変わっているのだから帰らなくなったときは
事故に遭って動けなくなっているかもしれない、痛みに耐えてひたすら迎えに来てくれるのを
待っているかも知れない。
出入り自由の飼い猫が帰って来なくなったなら帰るのを待つのではなく
探して下さい、探してもらえない子はあまりにも哀れです。
外がどれだけ危険か猫にはわかりません、猫を飼っている人がそれをもっと知るべきです。
危険な事は事故だけではないのです。

お願いです、猫は室内で飼って下さい。
外に出るにしてもせめて敷地内にとどめて下さい。

龍太郎帰りました。
画像


最後の写真
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
龍太郎くん・「お帰り」旅立って1番先に、しんたくんのところに元気に走って行って「しんたくんのママとパパに短かったけど沢山愛情もらって僕幸せだったよ!」って報告したことでしょう。怪我の苦しみはあっけど、こんなにも愛情を(ふぁんじにさんご夫妻・お兄ちゃんニャンコたちに)注いでもらえた龍太郎くんは、きっと感謝の気持ちでいっぱいだと思います。無事に虹の橋に送って頂いたふぁんじにさんご夫妻・有難うございました。精神的にも肉体的にもお疲れのことだと思います。ゆっくり休養なさってください。
yuki
2007/07/01 16:27
はじめまして。
プチポンもりおかの多紀さんのblogからお邪魔しました。龍太郎君はふぁんじにさんに出会えて本当に幸せでしたね。
最後に、やさしい人たちに助けられて、愛情の暖かさを一杯に感じることができたのだから、彼の一生は幸せだったと思います。
ふぁんじにさん、ご主人様もお疲れ様でした。また、よろしかったらご訪問させてください。
mito_and_tanu
URL
2007/07/01 18:19
☆yukiさん
今度生まれてくるときは絶対に外に出ちゃダメだよと言い聞かせて送りました。
痛みと心細さ、怖さと闘いながらも
私をまっすぐに見つめるあの目を忘れることはないと思います。
あの目に会うことが出来たなら姿は違っていてもわかると思います。
いつか会えるでしょうね。
ふぁんじに
2007/07/02 00:07
☆mito_and_tanuさん
初めまして。
お出で下さいましてありがとうございます。
まだ若い子だったので生きて欲しかったのですが残念です。
でも幸せだったと言ってもらえて少し
気持ちが落ち着きました。
ありがとうございます。
写真もヘタ、とりとめのないブログですが
お立ち寄り下さいませ。

実は私こっそりと訪問させていただいてました(^^)
ふぁんじに
2007/07/02 00:14
人の手で送ってもらえる子は幸せです。
最大限のことをしてもらった龍ちゃんは幸せです。
龍ちゃん、ふぁんじにさん家との出会いを通して多くの人に送りたいメッセージがあったのだと感じています。

龍ちゃん、しんちゃんとビビちゃんと安らかにね。
みんなあなたのことを忘れないよ。
大ママ
URL
2007/07/02 01:14
お疲れさまでした。
龍くん、お空に帰ったんだね。
ゆっくりお休みね。

ホントに、外には出してはダメ!と、全ての飼い主さんに言いたいです。
そして、飼えないなら産ませるのもダメ。
同じ、この世に生きる命ですもの。
生きる事を満喫させてあげる為に...

人の世だからこそ、人に言いたい。
動物は信号が判りません。
人の理屈など判りません。
愛しいなら、出さないで欲しいです。
絶対に。
あれい
2007/07/02 05:14
最後にふぁんじにさんに看取ってもらえて龍太郎君、幸せでしたね。
きっと微笑みながらふぁんじにさんと旦那様の事見てますよ。
まだまだ、外に出す飼い主さんて多いですよね。
絶対に外には出して欲しくないんですが、
言っても「今まで自由にしてたから可哀相・・。」って聞く耳を持ってもらえないんですよね・・・
帰ってこなかったら辛くて悲しいのに・・・
(ゆ)
2007/07/02 12:59
よそのおうちの猫とは思えない黒猫龍太郎君。。。
お疲れ様でした。
せっかくおうちが見つかって帰る場所ができたのに旅立ってしまうのは悲しいけれど、最後はふぁんじにさんに送ってもらうことができて龍太郎君は幸せなコだったと思います。
今度は家から出ちゃダメだよ。

本当にお疲れ様でした。
龍太郎君のご冥福をお祈りいたします。
みょうが
2007/07/02 13:14
☆大ママさん
あの夜見つけてくれてありがとうとダンナには言いたいです。
気が付かなかったら冷たいコンクリートの上でどうなっていたかわかりませんから。
龍太郎のメッセージ上手く伝えられたでしょうか。
こんな事が減ってくれると良いんですけどね。

ビビちゃんには追いかけられてるかも知れないわ、ガンバレ龍。
ふぁんじに
2007/07/03 01:00
おはようございます
ご訪問下さっていたのですね。ありがとうございます。
よろしかったらコメントなどいただけると嬉しいです。
実は私も以前から仙之助、菜之助君のファンでした。たぶんぷちぽんさんで拝見したのだと思います。
mito_and_tanu
URL
2007/07/03 08:58
☆あれいさん
空の上なら事故に遭うこともないし
思いっきり走れるわよね。
いつか地上に戻ってきたなら今度こそ
安全に猫生を全うさせてあげたい。
外には出さないで室内で飼って欲しいね。


ふぁんじに
2007/07/03 21:27
☆(ゆ)さん
もし帰ってこなくなったらと思うと
外には出せない。
帰らなくて心配するなら外には出さない方が安心です。
室内でも十分自由に過ごせますよね。
ふぁんじに
2007/07/03 21:48
☆みょうがさん
そうね、よその子とは思えないでしょ?
ヤマトくんはみょうが家に来て
家族がたくさん出来て幸せになったわ。
龍太郎ももしかしたら幸せに暮らしてたのかも知れないけれど外に出しては
いけませんね、出さなければこんな事には
ならないんだもの。
今は安全な空の上で伸び伸び過ごして
いることと思います。


ふぁんじに
2007/07/03 21:54
☆mito_and_tanuさん
兄弟を気にかけてくださってたなんて
ありがとうございます。
多紀さんには色々とお世話になりました。
おかげでこれ以上ない里親に巡り会いました・・・ワタクシですが(笑)

今度から覗き(笑)はやめてコメントさせていただきますね。
ふぁんじに
2007/07/03 21:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
空へ ねこな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる